結婚式場で変わる式の魅力│古風でシックに攻めるなら神前式

ウェディング

若者を中心に注目

神前式の費用傾向に関して

結婚式場

昔は古臭いなどというイメージを持たれて、若い人にはあまり人気のなかった神前式ですが、最近にわかに注目を集めています。そんな神前式ですが実際挙式する場合の費用は、例えば他の結婚式に比べてどんな傾向があって、相場に違いは存在するのでしょうか。神前式は挙式自体の費用相場としては30万円ほどであることが多く、いわゆる主流であるキリスト教の結婚式と比べて、特に費用相場の違いはありません。内訳として特徴がみられるのは、着付け代とヘアメイク代です。着付け代はドレスに比べて和装は着付けに手間がかかるためで、ヘアメイク代は和装の場合かつらを着用するので、そのレンタル代が高い傾向にあります。

始まりのきっかけとは

神前式は日本の伝統的な結婚式として、現在では海外でも知られています。外国から来た旅行者などが、神社で行われている神前式を見かけて撮影した動画などを、動画投稿サイトで多く見ることも出来ます。多くの人は伝統的な結婚式として認識している神前式ですが、その始まりは明治時代と実際には意外なほど新しい結婚式のスタイルなのです。始まったきっかけは大正天皇がまだ皇太子であった明治33年にご結婚され、そのご婚儀が宮中三殿で神前で行われたことによります。その情報に触れた国民から、自分たちもご皇室のような結婚式を挙げたいという要望があり、皇室のご婚儀を参考に新たに制定されたのが、今日の神前式となっています。そうした経緯から歴史自体は短くとも、神前式はご皇室のご婚儀を参考に古式に則って作られた、由緒正しい結婚式であると言えます。