結婚式場で変わる式の魅力│古風でシックに攻めるなら神前式

ウェディング

古風な結婚式

神前式のお得に快適に利用する方法とは

結婚式場

大きな神社の中の拝殿で両家親族が向かい合い、これから新しく夫婦となる新郎新婦を見守る様は、古風ではありますが日本ならではの結婚式ではないでしょうか。結婚式で着る和装も神前式にはぴったりですし、白無垢で結婚式を挙げたいと思われる方も増えているようですので最適だと思います。神前式の結婚式を挙げるには、玉ぐし料を納めるのみになりますが。これは神社で結婚式を挙げる場合で、ホテルなどに併設している神前式の結婚式場も利用することが出来ます。最近では白無垢が流行の兆しで神前式での結婚式も増えているようです。神社でも披露宴など出来るところもありますので、そちらを利用されても良いでしょう。

式場を利用する平均的な価格とは

神前式の結婚式だけであれば玉ぐし料だけを神社に納めれば利用することが可能です。大体は3〜10万円くらいで三管演奏を依頼すると人数や楽器によって変わって来るとされています。またその後の披露宴などの場所により変わって来るでしょう。結婚式場での神前式結婚式であれば、玉ぐし料とは別に衣装や着付けの費用、披露宴会場などでの費用が発生しますので、チャペルや仏式などで結婚場を利用するのと変わりはないかと思います。神前式で結婚式を挙げると後々に子供が生まれた時のお宮参りや七五三など、ゆかりの深い場所となる場合もあります。地元で神前式結婚式を挙げると氏子としてみなしてもらえるので、日本ならではの結婚式を神社でされてみてはいかがでしょう。