結婚式場で変わる式の魅力│古風でシックに攻めるなら神前式

ウェディング

神社で行なう

費用の大まかなめやすについて

結婚式場

神前式とは神社で行う挙式の事で、白無垢姿や三三九度をを行うのが特徴です。日本古来の伝統的なスタイルで行う厳かな雰囲気のこのお式は、最近では再び人気を集めているものです。本来では神社で行う挙式なのですが、最近は式場やホテルに館内神殿が完備されている場所も多く、基本的には親族同士の結びつきを多く感じられるものです。この神前式を行うための費用に関してですが、神社で行う場合は初穂料というものがかかります。これはその神社によって違いがありますが、一般的な相場として五万円〜15万円だと言われています。神社以外のホテルなどで行う場合は、多少神社よりも金額が高いとされています。その他にかかる費用としては、衣装代や撮影費用などが挙げられます。

神前式の特徴について

結婚式には神前式やキリスト教式など、様々なスタイルがあります。その中で、神前式についての特徴について書いていきます。神前式というのは前にも書いたように神社で行う挙式の事で、神の前で夫婦になる事を誓い合うものです。このスタイルでお式を挙げる方は現在でも多く、日本の古くからの伝統的なスタイルだと言われています。お式に列席するのは親戚一同が一般的ですが、最近では近しい友人も列席出来る式場などもあるようです。神前式の流れでは神主のお祓いを受け、神に結婚の報告をします。その後大中小の杯で三三九度を行い、新郎新婦が結婚を誓いあう誓詩を読み上げます。神前式は主に家と家との繋がりを大切にする、という特徴を持っています。